米子市立図書館

米子市立図書館 図書検索
鳥取県図書館 横断検索

米子市立図書館カレンダー

2018年 2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
2018年 3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

開館時間

火~金:
午前9時~午後7時
土・日・祝日:
午前10時~午後6時
月・月末:
休館

「図書館は何のためにあるの?」講演会の報告(8.20)

  8月20日(土)午後、米子市立図書館リニューアルオープン3周年を記念して、「図書館は何のためにあるの?」という題名の講演会を開催しました。
講師は元鳥取県立図書館長齋藤明彦さん。齋藤さんは、ビジネス支援をはじめ、県立図書館のサービススタイルを大きく変針させた舵取りをした方です。

      3周年講演会  1

 齊藤さんは平成14年から16年までの在任期間の、ご自分の体験を振り返りながら、片山県政時代、ある意味で県立図書館の存立を問われる体験が、図書館というものを考え、県立図書館の新しいサービスを次々に展開していく原動力になったことを話されました。

「図書館は必要か」という単純で、根本的な問いかけを、いろいろな事例を取り上げ、参会者と対話しながら、話をすすめられました。
転職・転勤、病気、初めての子育て、離婚、等々、くらしの中で市民が直面する問題について、あらゆる意味で「情報弱者」を生み出すことがないようにすること、その点が図書館にとってもっとも大切な課題であること。それを実践するには、新しい時代とともに変化していく柔軟性こそが求められるものだと強調されました。

 講演後の質疑応答では、図書館の運営方法をめぐり、「指定管理者制度」を否定するものではない、という齋藤さんの言葉をめぐり、熱心な応答が繰り返され、有意義な記念講演会となりました。

参会者の皆さま、ありがとうございました。

参加 40人