米子市立図書館

米子市立図書館 図書検索
鳥取県図書館 横断検索

米子市立図書館カレンダー

2018年 2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
2018年 3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

開館時間

火~金:
午前9時~午後7時
土・日・祝日:
午前10時~午後6時
月・月末:
休館

朗読劇「星は見ている」の報告(8.7)

  8月6日、米子市立図書館2階研修室を会場に、朗読ボランティア「火曜の会」の皆さんによる「星は見ている~原爆の日によせて~」が開催されました(米子市立図書館共催)。
 今年で27回目となるこの催しは、群読という方法で、原爆の引き起こした深い悲劇を、次の世代へ伝えようとする朗読劇です。舞台には広島型原子爆弾「リトルボーイ」、長崎型原子爆弾「ファットマン」の原寸大の切り抜きが左右に置かれ、中央のスクリーンには「はだしのゲン」などの作品が映し出される中で朗読が続きました。
また、峠三吉の「にんげんをかえせ」を、参加者全員が手話で実演するなど、主催者の皆さんの巧みな演出が、参加者の感動をより深いものにしたようです。
最後には主催者の皆さん全員による詩人・栗原貞子さんの名作「折づる」の力強い群読で締めくくりとなりました。
市立図書館も会場入口に、原爆関係の児童書を集め「戦争と平和」のテーマ展示をして協力することができました。
参加は約100人と盛会になりました。

 H26原爆朗読 1  H26原爆朗読 2

 H26原爆朗読 3  H26原爆朗読 4

       H26原爆朗読 5