米子市立図書館

米子市立図書館 図書検索
鳥取県図書館 横断検索

米子市立図書館カレンダー

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開館時間

火~金:
午前9時~午後7時
土・日・祝日:
午前10時~午後6時
月・月末:
休館

第18回鳥取県図書館大会の報告(11.15)

  11月15日の水曜日、駅前のコンベンションセンターを会場に、第18回鳥取県図書館大会が開催されました。開会冒頭で山田晋鳥取県図書館協会長、高橋紀子県立図書館長、北尾慶治米子市教育長の挨拶があり、北尾教育長からは、現在増改築中の図書館整備計画の中間報告もありました。
 今年のテーマは「図書館がつなぐ本と人と地域 ~知の地域づくりの実践にむけて~」。
記念講演は米子市出身の心理療法士で島根大学教授・岩宮恵子さんの「物語のもつ治癒力 -村上春樹と「図書館」-」。岩宮さんは、村上文学の持つ大きな力、臨床の現場で、症例を「物語」として読み解く方法について語られました。

    H24県図書館大会1  H24県図書館大会2

  今年の図書館大会は、記念講演の他に8つのテーマで小講演を連続開催するというエンジン01方式の特別の大会となりました。
米子市立図書館がお手伝いした講演は、末宗辰彦さん「子どもの育ちと選書」。松本薫さん「世界文学をもっと読もう」の二つの講演でした。末宗さんは、スマートフォン等で子どもを育てる環境の変化に危惧の念を持つといわれ、絵本の持つ根本的な力について、改めて強調されました。松本薫さんは、河出書房新社から発行されている、池澤夏樹個人編集の世界文学全集について触れながら、異文化の物語に浸ることが自分にとっては‘全身の細胞が入れ替わるような’大切な体験であること等をはなされました。
いずれの講演も、悪天候にもかかわらず、熱心な聴衆に恵まれ、実り多い大会となりました。

   H24県図書館大会3  H24県図書館大会4