09/23(水)の開館時間 9:00~19:00

イベント・例会日程

例会   2019/01/25

例会紹介

米子市立図書館では毎月様々な例会を開催しています。
初めて参加される方は、米子市立図書館(TEL 0859-22-2612)までご連絡ください。


つつじ読書会

開催日時

毎月第1土曜日開催。午後2時~4時まで。

活動内容

毎月、図書館研修室で読書会を開きます。
1冊の本についてみんなで議論したり、話をしたりします。
本は月ごとに変わりますが、数か月かけて読む本などもあります。
年に1回、地元の作家を招き、≪著者を囲む会≫を開きます。
また、文集も年に1回発行しています。

参加資格

特になし。初めて参加される方は、事前に米子市立図書館までご連絡ください。

読書会についてPR

(「米子市立図書館だより平成28年9月号」掲載より抜粋)
つつじ読書会は、誰にも開かれているとてもオープンな会です。
お茶を飲みながら、楽しく1冊の本について読み込み、語り合います。
楽しく読んで、みんなで研鑽し合い、読書の楽しさを感じて、人生をもっと面白く、豊かにする会です。
多くの方のご参加をお待ちしています。


伯耆文化研究会

開催日時

隔月1回午後1時30分~3時30分(詳細の日程は毎月発行の「図書館だより」、又は館内チラシをご覧ください)

活動内容

郷土の歴史や民俗などを研究し、発表している会です。
秋にバスで県内外史跡見学、12月に小中学生の研究発表企画、研究誌「紀要」の発行をしています。

参加資格

会員になって頂くこと。年会費3000円。

会員特典

☆研究誌(非売品)無料進呈。
☆例会時の資料代無料
☆研究発表ができます。
☆研究誌への投稿ができます。
☆例会(研究発表)案内を事前に通知。

伯耆文化研究誌リンク(※リンク未設定)
小・中学生地域研究発表会リンク(※リンク未設定)


漢文の会

漢文の読み方ではなく、中国古典の内容や名言・名句を、改めて読み直し、古典に親しむ会です。『論語新釈』宇野哲人/著を読みます。

開催日時

毎月第一日曜日開催。午後1時30分~。

参加資格

初めて参加される方は、米子市立図書館までご連絡ください。

子ども論語塾

こどものための論語教室は、読み方の勉強ではなく、日本人の心に溶け込んでいる中国古典の内容や名言・名句を子どもたちに触れてもらうことが学びの中心となっている会です。
テキスト『子ども論語塾』安岡定子/著を読みます。 

開催日時

毎月第1日曜日午前10時30分~11時30分開催。

参加資格

小学生の方。(保護者も可)
初めて参加される方は、米子市立図書館までご連絡ください。


音読教室

声に出して本を読むことが認知症予防や脳の活性化につながることから、近年高齢者への音読効果が注目されつつあります。米子市立図書館では、これから音読を始めてみたい方へ向けたプログラム構成で、絵本や民話、詩・季節に合わせた懐かしい唱歌などを教材として使用します。音読の技術は不要です。

開催時期

毎月第2水曜日(10月をのぞく) 

定員

25名(要申込) 申込先:米子市立図書館(0859-22-2612)

申込日

音読教室開催日の次の日から、翌月分の予約を受付ます。

参加資格

初めての方大歓迎!

古文書研究会

地域の発掘につながる古文書を、文字を読むだけでなく、その歴史と由来を同時に学ぶ会です。
古文書入門『多比能実知久佐』(日吉津村石原家から雲州母里西村家に嫁いだ美須女の諸国巡礼旅日記)を読みます。
 

開催日時

毎月第4土曜日午後1時30分~3時

参加資格

初級向けの内容となっております。初めての方大歓迎!