共催事業文化講演会「米子の近代建築について」07.07.08

                                 米子の近代建築 7月8日(日)、米子高専、米子市教育文化事業団、米子市立図書館共催事業として、第2回目の文化講演会「米子の近代建築について」を開催しました。
 講師は米子高専教授、和田嘉宥氏。
 新修米子市史第三巻「近代編」で、「建築の変遷」について執筆を担当された和田先生は、明治・大正・昭和と続く米子の街の近代化について、懐かしい建物の写真を図示しながら説明されました。今、まさに保存の問題が話題となっている、公会堂の設計者・村野藤吾についても、他の建築の例を比較しながら詳しく説明され、参会者の注目を集めました。

 参加者 50名
 マスコミ取材 日本海新聞(7月10日記事)
          山陰中央新報(7月9日記事)