鳥取大学医学図書館主宰講演会の報告(1.25)

  1/25 医学図書館講演会                                                                            1月25日、市立図書館大会議室において、鳥取大学医学図書館「地域の図書館レベルアップ貢献事業」の一環として、医療情報サービスの講演会を開催しました。(市立図書館共催)
  講師は山室眞知子先生。演題は「患者・市民が求める医療情報サービス まず図書館へ行ってみよう!」というものでした。
 山室先生は、昨年7月まで勤められた「京都南病院図書室」の30年にわたる成長の過程を、たんたんと、詳細に語られました。患者・看護師・医師という病院関係者だけではなく、地域住民に対するサービスまでも視野に入れた病院図書室の展開は、公共図書館においても大変参考になるお話でした。

 取材記事 2008年1月29日 山陰中央新報