「郷土文化講演会」開催(9.9)

 郷土文化講演会07.09.09

 9月9日、鳥取県立図書館との共催で、「郷土文化講演会」を開催しました。
 講師は、鳥取大学地域学部准教授、岸本覚先生。近世の幕末・維新史を専門とされる先生は、新・鳥取県史編さんの近代部会長としても活躍されている方です。
 講演では、『池田氏家譜集成』に関して、池田氏の系譜成立の謎と、家譜の編さんに当たった池田冠山の歴史認識について語られました。「以疑伝疑」、つまり疑わしいものも含めて、後世に伝えるという態度は、当時の史書編さんの最前線を行く認識であったこと。また、林述斎などとともに進められた地誌の収集や図会の編さん等の中にも、冠山の深い歴史認識があったことなどが話されました。
 最後には、会場からの熱心な質問が続き、盛会となりました。

 取材 山陰中央新報(8.25紹介記事)