米子市立図書館 図書検索
鳥取県図書館 横断検索

米子市立図書館カレンダー

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

開館時間

火~金:
午前9時~午後7時
土・日・祝日:
午前10時~午後6時
月・月末:
休館

おすすめの本(3~4才)Part3

くまのコールテンくん
ドン=フリーマン∥作/松岡享子∥訳/偕成社
くまのコールテンくん
デパートのおもちゃうりばのくまのコールテンくんと、おんなのこリサのおはなし。コールテンくんは、リサとはじめてであったひ、よなかのデパートをうごきだして、なくしたボタンをさがしてまわります。リサはつぎのひにコールテンくんをいえにつれてかえります。
ぐるんぱのようちえん
西内みなみ∥文/堀内誠一∥絵/福音館書店
ぐるんぱのようちえん
ぞうのぐるんぱはおおきくなったのではたらきにいくことになりました。びすけっとやのびーさんのところ、おさらつくりのさーさんのところ、ぴあのこうじょうのぴーさんのところなど。でもぐるんぱはおおきなものばかりつくってしまうのでおみせのひとから「もうけっこう」とことわられてしまいます。そんなぐるんぱでしたが、あるおかあさんにたのまれ、12にんのこどもとあそんでやりました。ぐるんぱが、ぴあのをひいてうたいだすと……。
かまきりのちょん
徳田之久∥作/福音館書店
かまきりのちょん
つゆくさや、つりがねにんじんのくさはらで、かまきりのちょんはあさをむかえます。そして、てんとうむしや、みのむし、ありのむれにであったり、とのさまばったをつかまえたりもします。身近な植物や虫とともに1匹のかまきりの1日が、美しく、静かな言葉で語られます。著者の徳田さんは『むしをさがそう』など、写実的な虫の絵本を多く手がけています。
3びきのくま
トルストイ∥文/おがさわらとよき∥訳/バスネツォフ∥絵/福音館書店
3びきのくま
3びきのくまのいえにはスープのはいったおわんがみっつ。おおきなおわんは、ミハイル・イワイワノビッチのおわん。ちゅうくらいのおわんは、ナスターシャ・ペトローブナのおわん、ちいさなあおいおわんは、ミシュートカのおわんです。3びきのくまのいえにまよいこんだおんなのこは、くまのしょくどうや、しんしつのなかにはいっていきます。
ジオジオのかんむり
岸田衿子∥文/中谷千代子∥絵/福音館書店
ジオジオのかんむり
わかいころ、ジオジオは、もりのなかでいちばんつよいどうぶつでした。あたまにはかんむりをかぶっていて、ジオジオのかんむりがひかると、だれでも、こそこそかくれてしまっていました。そんなジオジオでしたが、としをとって、しらががはえてき、めがよくみえなくなってきたころ、1わのはいいろのとりとであいます。年をとって変化したジオジオの心は、小さい子に親近感を抱かせることでしょう。